ハガキ

広告郵便に圧着ハガキを用いるメリットとは?

並んだ郵便はがき

ピタッと貼り付ける形で送れる圧着ハガキは、広告郵便として十分なパフォーマンスを発揮できるところが強みです。広告郵便で大事なのは1枚のハガキでよりたくさんの広告を入れることに他ならないですが、圧着ハガキだったらそれはまったく難しいことではありません。単なる普通ハガキと比べてたくさんの広告を入れられるので、十分なパフォーマンスを発揮できます。このメリットは地味ですが無視できないもので、コストをおさえつつ十分効果的な広告に仕上げられます。
この圧着ハガキですが、専門業者に依頼することで安くてきちんとした広告郵便を完成させられます。いくら圧着ハガキが優秀とはいえ、いまいちなデキになってしまったらとても残念なのは言うまでもありません。ですが数々の圧着ハガキ制作を請け負っている専門業者に依頼すれば、広告郵便としてきちんと機能する圧着ハガキを納品することが期待できます。
今はネットやメールによる電子広告にシフトしつつありますが、だからといって紙のハガキが使われていないわけではありません。むしろ高齢者世代にとっては紙のハガキのほうがネットやメールで広告するよりも効果的だと見込めますし、圧着ハガキのメリットは間違いなくあります。

圧着ハガキで一工夫ある広告郵便を

税務署やマンションの管理会社などから、「ここからおはがしください」と書かれたハガキを受け取ったことはありませんか?目隠しをする紙が糊づけされていて、はがすことで中面を見ることができるタイプのハガキです。それを、圧着ハガキと言います。圧着ハガキは機密情報を手軽に守れるため、広告郵便などで採用されています。そして、この圧着ハガキは、個人で作ることもできるのです。
個人でも、DMなどの広告郵便を出す機会は意外とあるものです。広義の広告郵便ではありませんが、結婚式の招待状などの一工夫としても楽しいものですね。もちろん個人で作るといっても、市販の糊で貼り付けるのはおすすめしません。あの、きれいにぺろっとはがれるハガキは、きちんとした業者が、独自の技術で実現しているものなのです。圧着ハガキを作る時には、印刷所などの専門業者に依頼しましょう。
圧着ハガキの折り方にはいろいろなパターンがあります。単に二つ折りにしたもののほかに、観音状に閉じるものや、蛇腹状に畳まれたものもあります。せっかく個人で作るのなら、イラストを工夫するのも楽しいかもしれません。
暮らしの中で一番よく見る圧着ハガキはパブリックなものですから、ちょっとした遊びが差し込まれたハガキは、きっと目にも楽しいですよ。そもそも、郵便物の表面をはがすというのは楽しいものです。その「はがす楽しみ」を使って、遊び心のある広告郵便を作ってみたいものですね。

人間心理を利用した広告郵便のテクニック

ダイレクトメールのような広告郵便は以前だと封書で送られてくるケースが大半でしたが、最近は圧着ハガキで送られるケースが増えています。圧着ハガキというのは二つ折りやZ折りなどの形で折り畳まれたハガキを特殊な方法で接着させ、中身が見えないようにする仕組みです。圧着ハガキが考え出された当初は主に通知書や料金明細書など、個人情報が記載されているような郵便物に使われていました。
圧着ハガキを開封すると通常のハガキの二倍から三倍に面積が広がるため、それだけ多くの情報量を掲載可能です。ダイレクトメールのような広告郵便にも圧着ハガキが多く利用されるようになった背景には、そうしたメリットに加えて人間心理を巧みに利用しようという戦略も隠されています。中身が見えない状態で届いた圧着ハガキを見ると、人はついつい開封して中を見たくなるという心理が働くものです。
隠されているものを見たくなるという人間心理をうまく突いている圧着ハガキを利用すれば、ダイレクトメールの開封率を高める効果が期待できます。封書で送られる広告郵便と比べて圧着ハガキの開封率が高いと言われているのは、接着面を「剥がす」というささやかな快感を伴う行為にも関係があるものです。このような圧着ハガキは専門業者に依頼することで簡単に作ってもらえますので、ダイレクトメールを多く発行している企業や店舗は利用しない手はありません。


様々なタイプを取り扱い!圧着ハガキを作成するなら《ユニオン印刷株式会社》がオススメです!サイトでは、納期から逆算で入稿日や価格を見ることができます!

choices post

»contents list

menu

TOP